echousa.org
トップページ
信仰告白
新しいいのちの成長の道序文
新しいいのちの成長における正しい道と誤った道(ラザロの死とよみがえりの図)
新しいいのちの成長図解
エペソ2:1-10の学び
新しいいのちの学び特別テーマ
質問と回答
お問い合せ
Copyright © 2007 echousa.org
All Rights Reserved.

内容のダウンロード使用に関して: 著作権は全てEchoUSAに属します。
非営利目的でのご使用を歓迎しますが、 必ずEchoUSAの名称をご明記ください。
新建网页 1

目次紹介

 

 

1ホームページの「羊の群れの足跡図」(雅歌18参照)は本ウェブサイトの中心的テーマを表しており、私たちが主を信じた後、新しいいのちの成長のために歩むべき道を示しています。

2私たちの信仰
福音主義信仰に根ざしています。

3新しいいのちの成長の道序文では、著者が長年に渡り「自我に頼って」奉仕した信仰生活の葛藤と苦痛を語り、神がどのように「主に頼る」
新しいいのちの成長の歩みへと導びかれたのかを述べています。

 

4新しいいのちの成長における正しい歩みと間違った歩み(ラザロの死と復活の意味)は、
ラザロの死と復活の物語(ヨハネ11:38-43)から、私たちがいのちを得て成長していく中での、正しい歩みと間違った歩みを簡単に説明しています。

 

5新しいいのちの成長図(神の救いの計画図、図解一、図解二、主を信じた後の地位の変化図、図解三)は五つの図を用いて、神の完全なる救いと新しいいのちの成長を詳しく説明しています。
1)アダムが罪を犯した後、全人類の神の御前での状態(図解
一)は、罪の性質に支配され、罪を犯してしまう私たちを示しています。

 

2)神の救いの御計画は、恵みにより人類を造りかえるものです(神の救いの計画図)。神は御子に肉体を与え人とし、人とつなぎあわされ、人類の代表とされました。そして、人類の身代わりとなり、「死からいのちへ」と罪の支配から人類を解放し、造りかえました。

 

3)神の救いの御計画は、信仰により人類を造りかえるものです(図解二)。主イエス·キリストの

完成された御救いは、人が信仰によって主とつなぎ合わされ、信じる者の上に現実的に成就されます。

 

4)主を信じた直後の地位の変化図(図解三)は、私たちが主を信じた後、その身分と地位が変わ

ることを示しています(Ⅱコリント5:17

 

5)主を信じたのち、神に喜ばれる正しい道(図解三)は、主を信じた後、私たちの内側にある2つの状態(新旧の二種類のいのち。信仰あるいは理性による分析、つまり、主に頼るか自己に頼るかの二つの道。聖霊と肉の二種類の力の源。)と神が私たちに授けられた自由意志の選択を示しています。

 

6エペソ2:1-10の学び
この学びの中心的内容は、次のとおりです。「
私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト·イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。」(エペソ2:10

                                   

1)奉仕をする前に、私たちはまず神によって正しい人に造り変えられなければ、神の働きをすることができません。
2
)私たちが神にいかに従順であるかは、イエスキリストとその十字架によりいのちを得て、新しい人に造り変えられているかどうかにかかっています。また、いかに「日々自分の十字架を負い、主に従う」ことにより、新しい人が成長していくのです。そのような人でなければ、神の働きをなすことはできません。

 

7.「豊かないのちの学び」のテーマ

 

1)新しいいのちの本質、成長とその働き(豊かないのちの学び26第9課) -
2)主を信じた後の私たちの内側の二つの状態(豊かないのちの学び26第10課)

3いのちの御霊の原理(豊かないのちの学び26第11課)

 

8お問い合わせ


6